潜在看護師のライフプランニング

育児時間やブランクの不安を解消する、潜在看護師への復職支援の数々

潜在看護師のライフプランニング

ようこそ

潜在看護師の復職に向けた情報をまとめたサイトです。看護師としてもう一度輝くために、ぜひチェックしてください。
潜在看護師の必要性・復職支援・就職先の探し方などを知り、再スタートへの第一歩を踏み出してもらえれば幸いです!

ブランクの不安も解消!復職支援サポート

育児時間を確保できる短時間勤務

育児のための短時間勤務制度は、育休と同じく育児介護休業法に定められています。厳密に言えば、事業所側は子育てしやすい環境づくりのため、短時間勤務制度やフレックスタイム導入、残業をさせない制度などからいずれかの措置を取るようにされており、その中の一つということです。また、育児時間を確保するための制度には、労働基準法に定められている育児時間制度もあります。
子どものための時間を確保できるサポート体制は、潜在看護師の復職支援・子育て支援として病院などで取り入れられています。「子どもと過ごしてやれる時間がなくなるのでは?」と、再就職に踏み込めないでいる人も、こういった制度をうまく利用したいですね。

スキル面でフォローしてくれる研修

ブランクの期間が長いほどスキルに自信がなくなり、再就職の勇気が出ない潜在看護師もいるでしょう。そのような人におすすめなのは、復職支援研修やセミナーです。実施しているのは病院や看護協会など。インターネットで情報を探して、興味のある内容であれば参加してみてはどうでしょうか?「病院主催の研修に参加すると、絶対就職しなくちゃいけないのでは」と思う方もいるでしょうが、強制されることはまずありませんのでご安心ください。それでも不安なら、看護協会主催の復職支援の方がより安心かもしれませんね。
再就職後、最初のオリエンテーションや研修で基礎看護からフォローしてくれる病院もあります。募集要項に『ブランクOK』がある、業務の前に研修があるなどは、病院HPや転職サイトなどで確認できます。実際に医療器具を触れば、以前の勘が取り戻せ、自信もつくはず。育児の気分転換に参加してみるのもいいですね。

見守ってもらえて安心!プリセプター制

プリセプター制とは、新しいスタッフを担当の先輩が指導・見守りをしながら、業務や環境に慣れるようサポートする制度のことです。新人看護師をプリセプティ、指導係の看護師をプリセプターといいます。多くは新卒教育でこの制度を導入しているのですが、中途採用の看護師につける病院もあります。
ブランクがあると、ある程度の経験があっても久しぶりの現場では緊張しがち。以前の経験があるからと突然患者さんを任され、1人にされても困ってしまいますよね。そんな時にプリセプターが一緒にいてくれたら安心です。プリセプターを任されるのは経験3年目くらいの看護師であることが多いので、自分よりも年下で経験年数が浅い可能性もあります。それでもその職場では先輩。スキル面での不安はもちろん、医療機器の場所やカルテの扱い方など、細かなルールなども覚えるべき状況では頼りになるはずです。以前の勘を取り戻し、自信を持って看護業務に当たれるまで見守ってもらいましょう。

おすすめ記事ピックアップ

  • 潜在看護師が多い理由

    潜在看護師は全国に約71万人。多くは結婚や子育てを理由に退職しています。そして、看護師として復帰しない理由もそこにあるのが現状です。子どものことや家庭のことなど、どんなことで悩んでいるのか、ちょっと覗いてみましょう。
  • 広がる子育て支援制度

    ママさん看護師が働きやすい制度として、子育て支援が広まっています。辞めずにすむ産休・育休制度、子どもがいても復職しやすい保育施設完備、嬉しい手当などをチェックしましょう。自分が活躍しているイメージが沸いてくるかも?
  • ブランクの不安も解消!復職支援サポート

    潜在看護師の悩みには、子どものこと以外にもブランクによるスキルの不安があります。それを解消するために参加してほしいのが、復職支援研修。入職後にフォローしてくれる場合もあります。せっかくの看護師資格、勘を取り戻して輝かせたいですね!
  • 安心サポートでオススメの転職サイト!

    潜在看護師の希望を叶える最終職探しには、看護師転職サイトがお勧めです。ここでは【看護のお仕事】【とらばーゆ看護】【看護roo】をご紹介しています。それぞれの特徴を知り、ベストな復職先を見つけましょう!