潜在看護師のライフプランニング

潜在看護師の必要性について。ブランクOKの職場で復職しましょう!

潜在看護師のライフプランニング

ようこそ

潜在看護師の復職に向けた情報をまとめたサイトです。看護師としてもう一度輝くために、ぜひチェックしてください。
潜在看護師の必要性・復職支援・就職先の探し方などを知り、再スタートへの第一歩を踏み出してもらえれば幸いです!

社会に必要とされる潜在看護師!

看護師資格を持っているのに、それを活かす仕事をしていない人を潜在看護師といいます。理由は色々ありますが、多くは結婚や出産をきっかけとして退職した人たちです。ではなぜ、結婚で退職したのか、子育てが落ち着いても復職しないのか?それは看護師不足の問題とも関係してきます。看護師の働きやすい環境を作ることがどのような影響を与えるのかまとめてみました。

潜在看護師の問題と可能性

■ 潜在看護師が多い理由

潜在看護師とは、看護師資格を持つものの、それを活かす仕事に就いていない人のことをいいます。
看護師の退職理由は、個人的な理由では結婚・妊娠・出産・子育てなど、女性としての生き方を優先させたものが上位を占めます。また、職場環境による理由では、就業時間が長い、夜勤がつらいなどがあります。どちらも仕事と家庭の両立に対しての不安につながる理由と言えるのではないでしょうか。また、ある程度子育てが落ち着いたとしても、復職をためらっている人が多いのも現状です。その理由としては、子どもの預け先の問題・仕事と家庭との両立が困難・ブランクからのスキル面での不安などが挙げられます。
看護師不足で人員を求める職場は、さまざまな制度を整える必要がありそうですね。

■ ブランクOK!復職しやすい環境が増えています!

復帰したくても「ブランクがあるから不安…」という潜在看護師さんも多いですよね。そんな時は、まず病院や看護協会主催の復職支援研修に参加してはどうでしょうか?基礎看護や採血、安全対策などについて、講義や実習を通して再確認することができます。助産師に向けたもの、訪問看護や高齢者施設での復職を目指すものなど、内容はさまざまですので、自分が復職したときのイメージに合う内容のものに参加しましょう。また、子どもの預け先の問題を解決するため、多くの病院で子育て支援に力を入れています。仕事と育児の両立ができる環境の職場を見つけたいですね。
ブランクOKな病院、復職支援の情報などを知りたいときは、インターネットの利用がおすすめ。潜在看護師の復職をサポートしてくれるはずです。

■ 潜在看護師が、みんな就職したら…

看護師が不足している今、医療現場のスタッフにも影響が出ています。個人の都合でシフト変更・育休取得・時短勤務申請がしづらいなど、仕事と家庭の両立がしにくい状況を作り出しているのです。そのため、結婚や出産を機に退職する…。これは、潜在看護師増加の要因であり、復職しない理由とも繋がります。悪循環を招いていると言えますね。
厚生労働省の予測では看護師不足は年々解消されるものの、充足までは至らないとされています。しかも、これはあくまでも働きやすい環境が整い、退職率が低下するということを基にしての試算です。
もしも、潜在看護師がみんな復職したら、看護師不足の問題は解決されます。そして、シフトの柔軟性が高まり、家庭などプライベートを大切にしながら働ける環境が出来上がるのです。まずは、安心して働ける職場作りに期待しましょう。

おすすめ記事ピックアップ

  • 潜在看護師が多い理由

    潜在看護師は全国に約71万人。多くは結婚や子育てを理由に退職しています。そして、看護師として復帰しない理由もそこにあるのが現状です。子どものことや家庭のことなど、どんなことで悩んでいるのか、ちょっと覗いてみましょう。
  • 広がる子育て支援制度

    ママさん看護師が働きやすい制度として、子育て支援が広まっています。辞めずにすむ産休・育休制度、子どもがいても復職しやすい保育施設完備、嬉しい手当などをチェックしましょう。自分が活躍しているイメージが沸いてくるかも?
  • ブランクの不安も解消!復職支援サポート

    潜在看護師の悩みには、子どものこと以外にもブランクによるスキルの不安があります。それを解消するために参加してほしいのが、復職支援研修。入職後にフォローしてくれる場合もあります。せっかくの看護師資格、勘を取り戻して輝かせたいですね!
  • 安心サポートでオススメの転職サイト!

    潜在看護師の希望を叶える最終職探しには、看護師転職サイトがお勧めです。ここでは【看護のお仕事】【とらばーゆ看護】【看護roo】をご紹介しています。それぞれの特徴を知り、ベストな復職先を見つけましょう!