潜在看護師のライフプランニング

復職・子育て支援を上手に利用!ブランクOKの職場を見つけよう

潜在看護師のライフプランニング

ようこそ

潜在看護師の復職に向けた情報をまとめたサイトです。看護師としてもう一度輝くために、ぜひチェックしてください。
潜在看護師の必要性・復職支援・就職先の探し方などを知り、再スタートへの第一歩を踏み出してもらえれば幸いです!

ブランクOK!復職しやすい環境が増えています!

復職支援

病院や看護協会、医師会などでは、復職支援研修やセミナーを実施しています。講義や演習など形式はさまざまですが、すべてに共通している目標は、ブランクのある潜在看護師に対して知識や技術面でのサポートをすること。その内容としては、次のようなものがあります。

◇バイタルチェックなどの基礎看護
◇看護記録(診断・計画)
◇医療機器の取り扱い
◇注射・採血・点滴
◇事故防止・安全対策

また、復職支援を実施している側の施設によっても内容が異なります。病院で、循環器系専門であれば心電図について学べたり、産科があれば助産師のためのコースがある例も。また、看護協会主催であれば、訪問看護や高齢者施設での復職をサポートする内容のものもあります。
多くは無料で、中には託児所を用意しているなど、嬉しい対応をしてくれることもありますよ。気になる復職支援研修を見つけたら参加してみて、再スタートへの一歩を踏み出してはいかかでしょうか?

子育て支援

潜在看護師ママの一番気になることと言えば、かわいいお子さんのこと。看護師として復職する際には、どこかの保育施設に預けることになります。待機児童も社会問題となっているとは言え、「入れる園ならどこでもいい!」というわけにはいきません。しかも、働きながら子育てができる環境も大切です。
医療現場では看護師不足が問題となっており、多くの病院では潜在看護師の確保を目的に、子育て支援に力を入れています。子どもの問題については、院内保育施設を完備したり近隣の幼稚園と提携を結ぶなどして、預けやすい環境を作っています。また、子育て時間を確保するために、短時間勤務制度や夜勤免除制度を導入している場合もあります。
子育て支援は厚生労働省でも推進しており、地域や事業所などでさまざまな取り組みがされています。上手く利用したいですね。子どもの問題をクリアして、看護師としていきいきと働く素敵なママさんになりましょう。

どうやって良い職場を探すのか?

では、復職支援をしている病院や、ブランクがあっても大丈夫な病院などは、どうやって探したらいいのでしょうか?
ただ単に看護師の職場を探しているわけではなく、明確な条件がある場合は、インターネット上で探すのが最も効率の良い方法だと考えられます。希望の地域と『復職支援・看護師』というワードで検索する、気になる病院や看護協会のHPを調べる、看護師転職サイトで求人チェックをするなどして、情報収集をしましょう。潜在看護師の復職先として、あなたにピッタリの職場が見つかるはずですよ。

おすすめ記事ピックアップ

  • 潜在看護師が多い理由

    潜在看護師は全国に約71万人。多くは結婚や子育てを理由に退職しています。そして、看護師として復帰しない理由もそこにあるのが現状です。子どものことや家庭のことなど、どんなことで悩んでいるのか、ちょっと覗いてみましょう。
  • 広がる子育て支援制度

    ママさん看護師が働きやすい制度として、子育て支援が広まっています。辞めずにすむ産休・育休制度、子どもがいても復職しやすい保育施設完備、嬉しい手当などをチェックしましょう。自分が活躍しているイメージが沸いてくるかも?
  • ブランクの不安も解消!復職支援サポート

    潜在看護師の悩みには、子どものこと以外にもブランクによるスキルの不安があります。それを解消するために参加してほしいのが、復職支援研修。入職後にフォローしてくれる場合もあります。せっかくの看護師資格、勘を取り戻して輝かせたいですね!
  • 安心サポートでオススメの転職サイト!

    潜在看護師の希望を叶える最終職探しには、看護師転職サイトがお勧めです。ここでは【看護のお仕事】【とらばーゆ看護】【看護roo】をご紹介しています。それぞれの特徴を知り、ベストな復職先を見つけましょう!